アイコン 追報:(株)エスポコーポレーション/破産手続き開始決定 <仙台市> 「養賢ゼミナール」


続報。進学塾の(株)エスポコーポレーション(所在地:宮城県仙台市宮城野区榴岡***)は9月5日付、仙台地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

停止時の負債総額は約1億円。

 

スポンサーリンク
 
 

資本金は1000万円。

同社は平成3年7月に設立、業績が低迷する中、新型コロナの影響もあってさらに悪化、見通しも立たないため事業を断念、今回倒産の事態となった。

破産管財人には、渡部雄介弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年12月8日午前11時20分。

事件番号は令和4年(フ)第661号となっています。


スクロール→

倒産要約版 JC-NET版

1

破綻企業名

(株)エスポコーポレーション

2

本社登記地

宮城県仙台市宮城野区榴岡4-4-17

3

代表

中村英俊

4

設立

1991年7月.

5

資本金

1000万円

6

業種

進学塾経営

7

塾名

「養賢ゼミナール」

8

売上高

2022年2月期、約0.7億円

9

破綻

2022年9月5日.

破産手続きの開始決定

10

破産管財人

渡部雄介弁護士(十河・渡部法律事務所)

電話:022-212-1603

11

裁判所

仙台地方裁判所

12

負債額

約1億円

13

事件番号

令和4年()第661号

14

報告説明会

2022年12月8日午前11時20分/詳細は破産管財人まで

15

破綻理由

同社は地元で好評価されていた中高生を対象にした進学塾運営会社。しかし、少子化が進み競争激化により、塾生の減少に歯止めがかからず、売上不振が続き、今般の新コロナ事態でさらに塾生が減り、資金繰りにも窮し、今年7月に事業を停止していた。

 

 

既報記事
進学塾の(株)エスポコーポレーション/自己破産へ <宮城> 新型コロナ関連倒産

 



 

 

[ 2022年9月15日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧