アイコン 外国人労働者無制限受け入れは保守の論ではない

 

 

将来はともかく、財界の言いなりになり、目先の人手不足にセキュリティ対策もろくに講ぜず、無節操に外国人労働者を無制限に導入するという安倍政権。安倍政権は全国津々浦々にコリアタウン・チャイナタウン・べトミンタウンの独立行政区でも作るつもりだろうか。

人手不足は、企業が従業員にろくに還元もせず溜め込んだ利益で、省力化、ロボット化し、欧米に大きく水をあけられている労働生産性の向上をはかる絶好の機会であるのだが・・・。政権は、単純に外国人労働者を無制限に受け入れ、今や石器時代の人海戦術でクリアーしようとしている。また、好調な企業経済もいつまでも続かず、最低でも膨張し続ける国家予算に対するプライマリーバランス問題を抱え、安倍政権の次の政権では公共投資も小泉時代のように減少するしかない。

西日本新聞は次のように掲載している。

スポンサード リンク

外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法改正案には、自民党内でも強硬な反対姿勢が目立っている。
背景には、支持を受ける保守層からの突き上げがあるとみられ、自民党議員のブログやフェイスブックには「外国人受け入れ反対」「自民党は“移民党”になるな」などの書き込みが殺到している。
一方で、人手不足への対応を強く求める地元関係者も多く、保守派議員は板挟みになっているという。
「先生は、体を張ってでも止めるべきだ」「信じていた安倍首相に裏切られた」。
九州のある自民党衆院議員がフェイスブックで法案について紹介すると、続々と反発する声が書き込まれていった。

新たな在留資格の「特定技能2号」は配偶者と子どもを帯同できる。条件を満たせば永住できる可能性があり、「事実上の移民政策だ」との批判が根強い。
先月末に政府案を議論した党法務部会も紛糾した。
「移民のために自民党があるのではない」「『もう自民党支持をやめた』と言われた」など、議員から強硬な意見が相次いだ。

重鎮の伊吹文明元衆院議長も「保守主義の安倍首相がなぜ、この法案を出したのだろうかという思いもある」と首をひねる。
中堅議員は「安倍政権は経済最優先。この法案は保守派の発想ではない。期待を裏切られた右派が少しずつ離れている」と、支持者の強い反発に戸惑いを隠さない。
ただ、建設業や中小企業、農林水産業などでは人手不足を訴える声も強い。

佐賀が地盤の今村雅弘氏(衆院比例九州)は、「地元の農家や病院などから、何とかしてくれとの声が常々ある」という。
鬼木誠氏(衆院福岡2区)も「介護や建設分野をはじめ、あらゆる分野で対応を求められている」と話している。

「実質的な移民政策だ」と法案に反対する保守層の声、人手不足解消の必要性から賛成する業界関係者の声。
自民党議員らは、支持者からの相反する意見に挟まれている。
来年は統一地方選、参院選が控える。
鬼木氏は、保守層の批判に目を配りつつ、「人手不足は喫緊の課題。政権が何の対応もとらなければ、『何もしない政権』と批判を浴びる。選挙にも響く」と懸念する。

苦悩する九州のベテラン議員は「最初は受け入れ人数も抑制して様子を見た方がいい。うまくいけば増やせばいい」と語っている。
以上、西日本新聞参照

スポンサード リンク
[ 2018年11月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ