アイコン カナダ上院 南シナ海の埋め立て軍要塞化を「敵対的行為」と認定

 

 

中国は、九段線という大昔の古図を引っ張り出し、南シナ海を一方的に領有宣言、西沙諸島付近ではベトナム漁船に対して攻撃を活発化させ、最近、すでに何隻もベトナム船が沈没させられている。

カナダ上院は24日、中国が南シナ海で進める人工島造成や軍事拠点化について「敵対的行為」と非難し、活動を中止させるようカナダ政府に求める動議を可決した。
動議に法的拘束力はないが、カナダ議会が直接的に中国を非難するのは異例とされる。
動議は、ベトナム系の議員が主導。
動議では、中国を含む南シナ海問題の当事者に法の支配や航行の自由を守らせるよう、カナダ政府に積極的な役割を果たすよう求めた。
議員は「カナダ政府は、顕在化する南シナ海問題の現実を無視してはいけない」と強調した。

スポンサード リンク

これを受け、在カナダ中国大使館は24日に、声明を出し、
「外部の勢力が問題を引き起こそうとしている」、
「カナダは、南シナ海の当事者ではない。南シナ海で起きていることを何も知らないか、関心がない人が中国を非難し、カナダを罠に陥れようとしている」と動議を主導した議員を批判した。
以上、

動議が可決した以上、その動議はカナダ上院議員に共有化されている。

中国本土から何千キロを離れた7つの珊瑚の環礁や島嶼を埋め立て、軍用の滑走路やレーダー基地を設けすでに要塞化させている。
南シナ海では、本土から近い多くの島嶼をベトナムが占有しており、いずれ、西沙諸島のように中国がベトナムを追い出しにかかり、戦争に突入することになる。
ベトナムは開放経済の社会主義政権であり、ベトナム戦争後の中国軍のベトナム進軍に激怒し、中国軍に対して大規模反撃、追い散らした経緯もある。ベトナムは、中国ににじり寄るフィリピンのような人殺しが大統領になったような国ではない。
国際司法裁判所の判決も中国の埋め立てや領有を一切認めていない。
南シナ海の中国の動きに対して、南シナ海のシーレーンは生命線でありながら動かないのは、元々中国の属国である韓国だけだろうか。中国のご加護の下に。

スポンサード リンク
[ 2018年4月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ