アイコン 旭化成 「グリーン水素」製造試験運転開始 世界最大の電極面積の電極設備

 

 

旭化成は、福島県相馬市とIHIが2018年4月に開所した「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」内に大型電極を用いたアルカリ水電解設備(最大水電解電力120KW、水素製造能力:25Nm3/h)を設置し、IHIと共同で再生可能エネルギーを用いた「グリーン水素」製造の試験運転を開始したと発表した。
本設備は、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の委託を受けて開発した世界最大の電極面積を有する大型アルカリ水電解設備を活用しており、引き続きNEDOの助成を受けて試験が行われる。

これまでの試験研究では、世界最高級の90%を超える高いエネルギー効率と優れた変動出力応答性を有することを確認済みであり、本試験運転では、本設備を実際に地産地消の太陽光発電設備と連携運転させ、実用性を検証する予定。試験運転は本年4月から2020年3月まで行われる計画。

スポンサード リンク

旭化成は、「クリーンな環境エネルギー社会」の実現を目指し、本設備で得られた知見をもとに、世界最大となる1ユニット10MW級の大型アルカリ水電解システムの実用化に取り組むとしている。
当施設では、IHIがコンテナ型大容量リチウムイオン蓄電システムも導入している。
グリーンエネルギーを水素に転換し保存し、発電エネルギーに再利用。余剰電力を水素に転換させることで、グリーンエネルギーの循環を目指す。

政府は送発電を分離させるとしていたが、電力業界の圧力に屈し、今では立ち消えさせてしまった。送電線の送電量の利用率が欧州の半分以下、電力業界は余りある備えあれば憂いなしと異常状態を続けている。

0522_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年5月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ