アイコン 7月電気・ガス値上げへ

 

 

大手電力会社6社は今年7月の電気料金を値上げする。
電力会社10社のうち6社が値上げする。天然ガスや石炭の輸入価格が上昇したことが理由。

7月の電気料金は、使用量が平均的な家庭で、
中部電力が18円、
東北電力が13円、
東京電力が10円、
九州電力が7円、
中国電力が5円
四国電力が5円
それぞれ値上げする。

スポンサード リンク

一方、
北陸電力と沖縄電力は6月と変わらず、
北海道電力は▲7円の値下げ
関西電力は、大飯原子力発電所の再稼働に伴って▲226円値下げする。

<都市ガス>
また都市ガス大手は、天然ガスの輸入価格が上昇していることから4社すべてが、7月のガス料金を値上げする。
使用量が平均的な家庭の値上げ幅は、
東邦ガスが14円、
東京ガスが13円
大阪ガスが13円、
西部ガスが8円
となっている。

スポンサード リンク
[ 2018年5月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ