アイコン 日本は外国人にとって天国か? 生活保護4.7万世帯・過去最高

 

 

生活保護を受けている外国人が平成28年度に月平均で4万7058世帯に上り、過去最多に達したとみられることが2日、政府の調べで分かった。
日本語能力の不足で職につけない外国人が多いことなどが理由とみられる。
人手不足が深刻化する中、政府は2月の経済財政諮問会議で、50万人の外国人労働者の受け入れ拡大方針を示したが、福祉のあり方まで含めた的確な議論や対策が求められる。

 厚労省によると、28年度の外国人が世帯主の生活保護受給世帯数は月平均で前年度比0・4%増。景気が上向いているここ数年は伸びが鈍化しているが、18年度(3万174世帯)からの10年間で56・0%増えた。

スポンサード リンク

また人数ベースでみても外国人が世帯主の世帯による生活保護の受給は大幅に増えている。
28年度は月平均7万2014人と、18年度の4万8418人から48.7%多くなった。

一方、在留外国人全体の人数の増加率は19年末から29年末にかけての10年間で23.8%にとどまっている。
 外国人の生活保護受給が増えているのは、バブル期の人手不足で労働者として大量に入ってきた日系南米人などがリーマン・ショックなどによる景気悪化で解雇され、日本語が話せず、再就職が難しいためとされる。

また、昭和57年の難民条約発効に伴う国民年金法の国籍条項撤廃で、老齢年金の支給対象から外された在日外国人が高齢化し無年金状態であることも大きいとみられる。
以上、

<医療保険の悪用も急増>
アベノミクス下、潤沢な利益に困ることもなく、生産効率などまったく考慮も、企業努力もせず、政府に泣きつき、政府はそれに応え、目先の労働者不足に外国人労働者を大量導入しようとしている。

外国人は、生活保護以外に、ほぼ、高額治療を保険で受けるため、来日している外国人も多いとされ、莫大な医療費が社会保険から支払われている。

当問題は、韓国でも現在、大問題となっており、外国人による医療費泥棒状態になっているという。

日本の場合、外国人は、会社で働いていなくても、3ヶ月を超える在留期間がある外国人は国民健康保険に加入する必要がある。
国民健康保険は市町村で発行しており、内臓疾患などの大手術を前提に来日し、3ヶ月間滞在したら、すぐ市町村で健康保険証を取得、即、健康保険証を利用して超格安で、日本の最高の医療機関でも手術を受けているという。

医療機関は社会保険証がある以上、手術せざるを得ない状態となっている。

健康保険財政が悪化する原因を、政府が作ってしまっている。つまり国策。財政破綻への道を自ら作っている。
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ