アイコン 自動ブレーキ作動せず事故多発

 

 

国交省が、自動ブレーキを巡る事故情報を初めて集計したところ、車や人を検知して、事故を未然に防ぐ「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)が、十分に作動せずに事故に至ったとの報告が昨年1年間で72件あったという。

速度超過で、作動が間に合わなかったケースなどがあり、同省は性能を過信しないよう注意を呼びかけている。
自動ブレーキは、車載カメラやレーダーが前方の障害物などを検知し、自動停止して被害を防ぐ。

国内では2003年から自動ブレーキを実装した車両が市販され、その後急速に普及。16年に生産された乗用車には66%(約248万台)に搭載された。

国交省によると、昨年にドライバーやメーカーなどから報告のあった自動ブレーキのトラブル情報は計340件。
これらを独立行政法人・自動車技術総合機構の交通安全環境研究所が分析したところ、自動ブレーキが十分に作動しなかった例は88件あり、うち72件が接触や追突などの事故につながっていた。歩行者がはねられて死亡した事故も1件報告されているという。
以上、報道参照

スポンサード リンク

自動ブレーキは、速度は40キロ程度が限界だった。最近では60キロ以上もあるようだが、高級車になるほどセンサーや制御装置に金をかけられ、性能・精度もよいようだ。
しかし、相手は動いたり、止まったりで、認識しなかったり、センサーの死角になる場合もあり、過信は禁物。
特に自分の車の自動ブレーキの制御の限界スピードくらいは知っておくべきだろう。市街地でも空いていたら40キロはゆうに超えている。
100キロ以上のスピードで、相手が自動車以外の場合、自動ブレーキが効く車両はまだないはずだ。まだ、改良を要する開発段階のシステム。

スポンサード リンク
[ 2018年7月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ