アイコン 名車1962年製「フェラーリ250GTO」が競売に 50億円を予定

 

 

NYの米競売会社サザビーズが20日、36台しか生産されなかったイタリアのフェラーリの名車1962年製のスポーツカー「フェラーリ250GTO」が、アメリカでオークションにかけられると発表した。 
予想される落札額は過去最高の4500万ドル(約50億円)と見られている。

このモデルはわずか36台しか製造されず、フェラーリのスポーツ車メーカーとしてのブランドイメージを作り上げた名車とされている。
今回、オークションにかけられるのはこの中の1台で、日本がバブル景気に沸いていた1980年代後半に、日本人が4年間所有、その後、複数のオーナーの手に渡り、現在はアメリカのソフトウェア会社の会長が所有しているという。
オークションは、今年8月、歴代の名車を集めるイベントが開かれるアメリカ・カリフォルニア州のモントレーで行われるという。
以上、

スポンサード リンク

先般は、バブル時代のフェラーリの名車が、日本の家屋の納屋にうずたかい埃まみれの状態で、関係者により発見され、全世界に配信されていた。
まだ、どっかの日本の納屋にあるかもしれない。

0621_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ