アイコン スズキ 中国から完全撤退へ 長安と合弁解消へ

 

 

「スズキ」が中国の自動車メーカーと提携を解消する協議に入ったことが明らかになった。スズキとしては、世界最大の自動車市場の中国から撤退し、高いシェアを持つインド市場に経営資源を集中する狙いがあるとみられる。

「スズキ」は、中国での現地生産から撤退する方針を固め、合弁相手の中国・重慶市の自動車メーカー「長安自動車」と提携を解消する協議に入った。

スズキは20年以上にわたって中国で乗用車の生産を行ってきたが、今月になって江西昌河汽車との合弁を解消すると発表していて、長安自動車との提携が解消されれば、世界最大の自動車市場、中国から全面的に撤退することになる。
ただ、提携の解消をめぐる協議は、難航する可能性もある。

スポンサード リンク

中国では、経済成長に伴って高級車や大型車の人気が高まっていて、スズキが手がける小型車の販売は伸び悩んでいる。
また、中国では、来年から自動車メーカーに電気自動車の一定の生産を義務づける規制が導入されるが、スズキは、電気自動車を生産しておらず、こうした規制強化も要因とみられまる。

スズキとしては、中国から撤退することで、高いシェアをもつインド市場に経営資源を集中させる狙いがあるとみられる。

スズキは数年前、アメリカ市場からも撤退している。インドを核に東南アジア・インドと関係が深い東アフリカをターゲットしているものと見られる。
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ