アイコン 偽「ブート品」販売で古着店経営者ら逮捕

 

 

警視庁生活経済課は4日までに、高級ブランドのロゴを無断であしらった「ブート品」と呼ばれる古着を販売目的で所持したとして、古着店経営の滝沢智道(51/東京都板橋区赤塚7)と、同、多田昭美(40/豊島区西池袋3)の両容疑者を商標法違反容疑で逮捕した。
ブート品は近年、古着好きの間で人気が高まっているが、偽ブランド品として立件されるのは全国初。
捜査関係者によると、両容疑者は5月23日、東京・池袋や原宿の古着店で、高級ブランドのグッチやシャネルのロゴをあしらった古着のTシャツなど300点以上を販売目的で所持し、商標権を侵害した疑いが持たれている。

滝沢容疑者は、古着の専門家として知られ、過去には人気テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演したこともあった。多田容疑者は滝沢容疑者の店で働いていたが、独立し原宿で開店していた。

本物に酷似させたコピー品とは異なり、独自デザインのブート品はファッションアイテムの一つとして人気が高まっている。
特に1980~90年代に米国で流通した古着に価値があるとされ、両容疑者は米国に買い付けに行っていたという。
以上、

スポンサード リンク

バブル時代、中国から秦の始皇帝廟の兵馬俑坑の兵馬俑を日本の著名美術館が購入し、後で偽物だと判明していた。それほど精巧な中国の偽物造りは世界一発達している。

古いブランドロゴの商標を古臭く作るのも簡単なことだろう。数が多すぎ、販売できないようになった本物の他の古着の分を転用したとは考えにくい。

米トランプは、中国の知的財産権の侵害を目の敵にしているが、過去、中国製の偽物をつかまされたことがあるのかもしれない。
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ