アイコン 空母レーガン離陸機墜落・緊急脱出成功 FA18

 

 

防衛省沖縄防衛局に入った情報によると、12日午前11時45分頃、沖縄県・北大東島の南西沖で、米軍戦闘機「FA18」が墜落した。

緊急脱出した操縦士を米軍が救出した。

同防衛局によると、墜落現場は那覇市の東南東約280キロの海上。

同機は米海軍所属で、原子力空母「ロナルド・レーガン」から離陸後に墜落したという。

以上、

スポンサード リンク

マルチロール機で双発の軽量戦闘機「FA18」/マクドネル・ダグラス社製(現ボーイング社)

1機当たり30~50億円(システム加えた導入費平均)

1112_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年11月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ