アイコン 習志野のパンク犯を逮捕 50台のタイヤ被害

 

 

千葉県警は、千葉県習志野市で、車や自転車約50台のタイヤをパンクさせたとして、中国人の王暢(32/習志野市秋津/無職)容疑者を器物損壊の疑いで逮捕した。
王容疑者は容疑を否認しているという。
王容疑者は、今年7月から8月にかけて習志野市秋津の介護施設の駐車場などにとめてあった車や自転車約50台のタイヤをパンクさせたとして、器物損壊の疑いが持たれている。
習志野市内では今年8月、介護施設やその周辺でパンクした車や自転車が相次いで見つかり、刃物で切られたような痕があったことから、警察が器物損壊事件として捜査していた。
以上、

スポンサード リンク

外国人は最低でも仕事をしていなければ、ワルサを働く確率が高くなる。
国は、現状の不法滞在者の抜本的な対策をなおざりにしたまま、企業に生産効率を高めさせる努力も怠り、短絡的に人手不足を外国人就労者解禁で対応しようとしている(やっとここに来て企業はロボット化の設備投資を増加させているが・・・遅い)。
景気は循環し、悪化した場合、外国人の失業者たちをどうするのだろうか。あらゆる対策を講じて対応すべきだろう。

外国人の犯罪者は日本のヤクザも恐れるほど凶悪でもある。
(日本のヤクザさんが、凶悪すぎて外国人に無闇に仕事を頼めないと言っていた。外国人のワルたちは何かやらかしたら、すぐ日本を脱出するという。)
日本にも洋画でしか知らない無法地帯のチャイナタウンやコリアンタウンが誕生するのも近いみたいだ。

スポンサード リンク
[ 2018年10月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ