アイコン EPA=自由貿易協定 17日東京で署名式

 

 

EU=欧州連合は、安倍総理大臣が西日本豪雨への対応のためベルギー・ブリュッセルへの訪問を取りやめたことを受けて、今週、EUの本部で行う予定だった日本とのEPA=経済連携協定の署名式を17日東京で行うと発表した。

欧州委員会のユンケル委員長は、9日、安倍総理大臣と電話で会談し、記録的な豪雨への対応のため安倍総理大臣がブリュッセルへの訪問を取りやめたことから、11日に予定されていた首脳会談を、来週17日に東京で開催することで合意したという。

首脳会談では、日本とEUの間で昨年、交渉が妥結したEPA=経済連携協定への署名が行われる予定で、双方は、署名のあとそれぞれ、国会と欧州議会での承認を経て、来年3月のイギリスによるEU離脱までの発効を目指すことになった。

以上、

スポンサード リンク

欧州連合もイギリスの離脱を控え、難民問題から雲行き怪しいオーストリアやイタリアを抱える中、一つの朗報だろう。

日本政府は少子高齢化、過疎化から日本の農業を捨てたようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年7月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ