アイコン 米小売業0.5%増 減税で消費拡大 アメリカ経済NOW

 

 

米国の6月の小売業の売上高は、前月比で0.5%増の5068億ドル、トランプ政権の大規模な減税が個人消費を押し上げていることを示す結果となった。
また、今年5月の指標も、これまでの0.8%の増加から、1.3%に上方修正された。
トランプ政権の大規模な所得減税が、個人消費を押し上げて景気の拡大をけん引している。

分野別に見ると、衣料品店や家電販売店などは減少したが、ガソリンスタンド(値上がりで必然的に増加)や自動車販売店などが増加した。

市場関係者は、アメリカの個人消費は当面は増加を続けると見ているが、トランプ政権と各国との貿易摩擦がさらに激しくなれば、株価の下落や輸入品の値上がりをもたらし、消費が減速すると懸念されている。

スポンサード リンク
アメリカ経済NOW
項目
単位
3
4
5
6
失業率
4.1
3.9
3.8
4.0
青年失業率
8.5
8.4
8.7
8.9
非農業部門雇用者数 
万人
13.5
15.9
24.4
21.3
貿易収支 
億ドル
-472
-461
-431
 
対米証券投資
億ドル
618
939
 
 
小売売上高
%前月比
0.8
0.4
1.3
0.5
住宅着工件数 
万件
133.6
128.6
135.0
 
住宅建設許可件数
万件
137.7
136.4
130.1
 
ミシガン大消費者信頼感指数
 
102
97.8
98.8
99.3
消費者信頼感指数
 
127.0
125.6
128.8
126.4
食料インフレ
1.3
1.4
1.2
1.4
生産者物価指数
%前月比
0.3
0.1
0.5
0.3
生産者物価指数
%前年比
3
2.6
3.1
3.4
消費者物価指数
%前月比
-0.1
0.2
0.2
0.1
消費者物価指数
%前年比
2.4
2.5
2.8
2.9
耐久財受注
%前月比
2.7
-1.0
-0.6
 
ISM製造業景況指数 
 
59.3
57.3
58.7
60.2
鉱工業生産
%前月比
0.7
0.9
-0.1
 
ミシガン大消費者信頼感指数の2018年7月97.2。

スポンサード リンク
[ 2018年7月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ