アイコン 7隻目のイージス艦「まや」進水 8200トン 「SM3ブロック2A」発射可

 

 

海上自衛隊に配備される7隻目の新型イージス艦(8200トン)の命名・進水式が30日、横浜市のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所(磯子工場)で行われた。「まや」と命名され、今後は弾道ミサイル迎撃などの装備を整えた後、2020年に就役する。調達費は約1680億円。

海自によると、「まや」には、敵のミサイルや航空機の位置情報を共有する「共同交戦能力(CEC)システム」を初めて搭載。

CECシステムは、高速・大容量のデータを送受信でき、日米の情報共有が強化される。
日米が、共同開発中の新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射能力も備える。

スポンサード リンク

来年には、別の新規イージス艦も進水する予定で、21年には海自イージス艦は8隻態勢となる。

先代の日本海軍の「摩耶(まや/13,350トン)」は重巡洋艦だった。重巡洋艦高雄型の4番艦で、川崎造船の神戸造船所で起工し、1932年6月に就役、1944年10月レイテ沖海戦で米潜デイスの攻撃を受け、沈没した。

0731_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年7月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ