アイコン 6月 ボーナス等7%増で給与総額3.6%増 21年ぶりの伸び率

 

 

厚労省によると、夏のボーナスや残業代などを含めた今年6月の給与総額は、平均で前年同月比3.6%増の44万円8,919円と平成9年1月の6.6%増以来の21年5ヶ月ぶりの上昇率となった。

これは、厚労省が全国の約3万3,000事業所を対象に行った調査の速報値によるもの。

スポンサード リンク

うち基本給など決まって支給される給与は、前年同月比1.5%増の26万5,611円、ボーナスや残業代などの給与は7%増の18万3,308円だった。

また、物価の変動分を反映した実質賃金も2.8%増と21年5ヶ月ぶりの伸びとなった。

消費に回れば、内需も動き出すだろうが・・・。

スポンサード リンク
[ 2018年8月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ