アイコン 京都銀行西山科支店行員5600万円着服・解雇

 

 

京都銀行は16日、西山科支店に勤務していた30代の男性行員が顧客11人の口座から計5634万円を着服、13日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

同行によると、この行員は、京都府内の4支店に勤めていた2006年6月から今年5月に計43回、投資信託などの購入や運用といった虚偽の名目で、顧客に口座から現金を引き出させて着服。

顧客から今年7月、運用について問い合わせがあり調べたところ、行員が「飲食代などに使った」と着服を認めたという。

全額を返済済みで刑事告訴はしないという。

以上、

スポンサード リンク

全額返済済みとは、当該の行員は資産家のお坊ちゃまだったのだろうか。

スポンサード リンク
[ 2018年8月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ