アイコン ふくおかFGの十八銀行統合 公取委がやっと承認

 

 

公取委は23日、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG/主力行は福岡銀行)と長崎市に本店を構える十八銀行との経営統合について承認することを決定した。双方がシェアの引き下げに向けた措置をとることを決め、統合しても独占禁止法上、問題がないと判断した。

FFGと十八銀行は、経営統合を目指しているが、統合すると県内の貸し出しシェアが約7割を占めることなどから、独占禁止法上、問題があるとして、公取委が県内の貸出比率を下げるように通告し、2年余りにわたる異例の長さで審査を続けてきた。

スポンサード リンク

FFG傘下の親和銀行(本店:長崎県佐世保市)と十八銀行の貸し出しシェアを引き下げるため、取引先企業が総額で1000億円弱の資金を他行に借り換えることや、統合会社の金利が不当に引き上げられていないか監視する第三者機関の設置などに取り組むことを決めたことから、公取委は統合後も長崎県内の金融機関の競争環境が保たれると判断し、統合を承認することを決定した。

地方の金融機関をめぐっては、人口減少などで経営環境が厳しさを増す中、統合を目指す動きが広がっていて、財務省・金融庁・経産省が両行の統合を大合唱で推奨するなか、公取委が独占禁止法を盾に粘り続け、審査の行方が注目されていた。
これを受け、両行の統合はきたる1月1日か4月1日になると見られる。
 

スポンサード リンク
[ 2018年8月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ