アイコン 猛暑に野菜高騰止まらず 奥様大変

 

 

今や共稼ぎ世帯が多くなり、奥さんたちは調理時間を最大限短くしてでも手料理をするために、スーパーでは料理目的別カット野菜が大流行、個々に購入して残りを腐らすより、使いきりのカット野菜セットが結果的には安価、それも野菜種類も多く入りセットされている。
しかし、ここまで野菜そのものが高騰すれば、カット野菜セット価格も高くなっている。
決して農家が儲けているわけではなく、7月はじめの豪雨やその後猛暑が続き、野菜の生育不良により生産量が大幅に減少、供給量が少なく高騰している。
地球温暖化によりこうした天候不良が常態化することも懸念されている。
以上、

スポンサード リンク

生産コストを安くするため、現代文明の機器を利用せず、地球に煤煙を撒き散らす中国をどうにかしなければならないだろう。中南海の・カ者たちは、北京周辺から煙突企業を全部強制除去・移転させ、自己満足している。根本的な問題は何一つ解決されていない。
インドも然りだが、こうした後進国には、先進国がまとまり強制的にODA資金を貸し付け、こうした煙突企業に触媒装置を取り付けさせるべきではなかろうか。
騒いでばかりでは、何も解決しない。
地球温暖化が進むオゾン層破壊と騒がれたフロンも、今では世界でオゾン層に影響を与えない代替フロンに置き換えられたと見られていたが、中国が断熱材の発泡スチロール生産用に大量にフロンを生産し・使用していることも判明している。そのオゾン量は世界が廃止する前より、現在が多いという。(オゾン層がここ数年大幅に破壊され、縮小しているという)
地球にとって、地獄のような中国とその政権であろうか。

 

野菜価格 都内スーパー価格対比
 
昨夏
今夏
 
価格
単位
価格
単位
上昇率
キャベツ
150
 
230
 
53.3%
トウモロコシ
50
 
100
 
100.0%
トマト
300
5個
250
2個
108.3%
キュウリ
130
3本
180
3本
38.5%
レタス
130
 
180
 
38.5%
ネギ
150
4本
230
4本
53.3%
ピーマン
130
一袋
180
一袋
38.5%
ニラ
70
 
150
 
114.3%
ダイコン
100
 
150
 
50.0%
ホーレンソウ
150
 
230
 
53.3%

 

野菜価格 都内スーパー価格対比
 
昨夏
今夏
 
価格
単位
価格
単位
上昇率
キャベツ
150
 
230
 
53.3%
トウモロコシ
50
 
100
 
100.0%
トマト
300
5個
250
2個
108.3%
キュウリ
130
3本
180
3本
38.5%
レタス
130
 
180
 
38.5%
ネギ
150
4本
230
4本
53.3%
ピーマン
130
一袋
180
一袋
38.5%
ニラ
70
 
150
 
114.3%
ダイコン
100
 
150
 
50.0%
ホーレンソウ
150
 
230
 
53.3%

 

スポンサード リンク
[ 2018年8月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ