アイコン 消費者物価指数0.8%の上昇 ガソリン除けば0.3%

 

 

総務省が24日発表した7月の全国消費者物価指数(2015年=100)は、値動きの大きい生鮮食品を除く「総合」が100.9となり、前年同月比0.8%上昇した。

ガソリン価格の上昇が大きな原因。

TVで超格安スーパー同士の新鮮度競争の番組が放映されていた。こうした番組が放映される時は、ほとんどがデフレのときだ。
物価が上がっても消費が減退するようでは、日銀が望むところの物価上昇の意味がない。

スポンサード リンク
 
年平均(前年比 %)
2018
月次(前年比)
15
16
17
5
6
7
総合
0.8
▲0.1
0.5
0.7
0.7
0.9
生鮮食品を除く総合
0.5
▲0.3
0.5
0.7
0.8
0.8
生鮮食品及びエネルギーを除く総合
1.4
0.6
0.1
0.3
0.2
0.3

スポンサード リンク
[ 2018年8月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ