アイコン ルネサス IDTを6600億円で買収へ インターシル社に続く大物

 

 

ルネサスエレクトロニクスが米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を約6600億円で買収する。
これまで日本の半導体メーカーは微細加工技術などを駆使して製造部門で付加価値をあげてきた。しかし、半導体製造を専門に請け負うファブレスメーカーが台頭、強みを失っている。今後は工場を持たないファブレス企業のIDTを取り込んで設計・開発力を引き上げ、反転攻勢をかける。
買収目的は更なるカーエレクトロニクスの優位性のためであり、「つながる車」を世界牽引する。
ルネサスは、企業として、こうした買収により大膨張し化けている。

ルネサスで陣頭指揮しているのは、代表の呉文精CEO(クレブンセイ)CEO、経歴は日本興業銀行⇒GE系⇒カルソニックカンセイ(代表CEO)⇒日本電産(副社長)など)
呉氏は、技術を有するものが、世界を制すと見ているようだ。

スポンサード リンク

Integrated Device Technology, Inc.(IDT)は、
専門分野はRF(無線)、高性能タイミング、メモリインタフェース、リアルタイムインターコネクト、オプティカルインターコネクト、ワイヤレス給電、スマートセンサーなど。

同社はカリフォルニア州サンノゼに本社が所在する半導体企業。通信・コンピュータ・一般向け機器などで使用する低消費電力で高性能なアナログ-デジタル混在半導体部品の設計と製造を行っている。主にOEM製品を扱う。
1980年、通信・コンピュータ向けのCMOS製品メーカーとして創業。現在は、通信部門、コンピュータ部門、コンシューマ部門で構成されている。

1、通信部門は、通信用クロック、無線基地局向けのRapidIOソリューション、高周波製品、デジタルロジック製品、FIFOメモリ、統合通信プロセッサ、SRAM製品、通信用半導体素子などを扱い、主に企業、データセンター、無線業界を顧客としている。
2、コンピュータ部門は、タイミング製品、PCI Express 関連ソリューション、高性能サーバ用メモリインタフェース、マルチポート製品、信号完全性製品、PC向けオーディオ/ビデオ製品などを扱い、デスクトップPC、ノートPC、サブノートPC、ストレージ、サーバなどを対象としている。
3、コンシューマ部門は、タイミング製品、マルチポート・メモリ、オーディオデバイス、パワーマネジメントデバイスなどを扱い、デジタルTV、スマートフォン、ゲーム機などを対象としている。
これまで、多くのIT企業を買収してきており技術が蓄積されている。

同社は、用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発。RF、高性能タイミング、メモリインタフェース、リアルタイムインターコネクト、オプティカルインターコネクト、ワイヤレス給電、スマートセンサーの分野において、システムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっている。
これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器、車載、産業の用途向けに完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供している。本社のほか世界中に設計、製造、販売の拠点があるとしている。
売上高は自動車関連など産業用製品で伸びているが、額は不知。

事業紹介ユーチューブ
https://www.youtube.com/watch?v=WDaDNLjIyiw

ルネサスは開示資料で、買収の考え方について、
1)製品や市場との親和性・補完性、
2)候補企業の市場競争力や財務健全性、
3)買収後の統合(PMI)の確度
などが重要な判断要素となると説明している。
資金調達が必要な場合には、調達コストが最適となるストラクチャーを検討、財務規律を維持すると強調している。

インターシル社
2017年2月に32億ドルで買収した米インターシル社については、当初計画値を上回るペースで進捗していると自己評価している。
インターシル社は、パワーマネジメントIC企業で、産業、インフラ、モバイル、車載、航空宇宙機器向けの高効率パワーマネジメントと高精度アナログ技術の開発を業務としている。本社は米カリフォルニア州シリコンバレーのミルピタス。

 

ルネサス
連結/百万円
16/3
16/12
17/12
会計方式
日本方式
決算月数
12ヶ月
9ヶ月
12ヶ月
売上高
693,289
471,031
780,261
営業利益
103,782
54,711
78,400
 同率
14.97%
11.62%
10.05%
経常利益
102,100
49,986
75,288
当期利益
86,292
44,119
77,196
総資産
849,376
823,054
1,062,672
自己資本
379,479
420,162
507,152
資本金
10,000
10,000
10,022
有利子負債
238,806
152,568
229,271
自己資本率
44.7%
51.0%
47.7%

スポンサード リンク
[ 2018年9月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ