アイコン 日立 国内テレビ販売終了 Wooo

 

 

日立製作所は25日、薄型テレビの国内販売を、今秋をめどに終了すると発表した。
日立は1950年代後半から自社ブランドのテレビを国内で販売し、近年は薄型テレビの「Wooo(ウー)」を扱ってきた。北米、アジアなど海外販売は続ける。

日立は2012年、韓国勢との競争激化で採算性が悪化し、薄型テレビの国内生産を終了した。
現在は他社に生産を委託し、日立系列の販売店などで「ウー」を販売している。
日立は今後、国内家電販売でソニーとの連携を強化する。
日立系列の販売店では10月中旬から、「ウー」の代わりにソニーの薄型テレビ「ブラビア」を扱う。今後、音響機器など、ソニー製品の扱いを増やすという。

スポンサード リンク

日立とソニーはこれまでも、販売店での修理サービスなどで提携してきた。
日立は「ソニーとの連携強化で競争力を高めたい」としている。
以上、

日立は既にテレビ、ビデオカメラ、DVDレコーダーの生産を終了している。
時代の移り変わり。
韓国勢も今や中国勢に追い立てられ、プレミアム市場で生き残っているが、プレミアム市場では再起した日本勢も頑張っている。
日本勢のプレミアム市場のTVは、LG製ディスプレイを使用し、独自技術を織り込んでいる。
もはや何でもかんでも社内で生産する時代は完全に過ぎ去り、世界遺産になろうとしている。

スポンサード リンク
[ 2018年9月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ