アイコン ユニ・ファミマ TOBでドンキ株20%取得 ドンキがユニーを100%子会社化

 

 

ユニー・ファミリーマートホールディングス(ユニ・ファミマ)は11日、ドン・キホーテホールディングス(ドンキ)に対して株式公開買い付け(TOB)を実施して20%を2119億円で取得すると発表した。

同時に、ドンキが、ユニ・ファミマ傘下のスーパー事業の「ユニー」株6割を282億円で追加取得し、完全子会社化することも明らかにした。

ユニ・ファミマは、ドンキ株を10日の終値より9.1%上回る1株当たり6600円で買い付ける。実施は11月上旬を目指しているものの明確な買い付け時期は未定で、ドンキの取締役会で買い付けへの賛同が得られてから20~30営業日以内に実施する予定としている。

20%の取得が実現すれば、ユニ・ファミマがドンキの筆頭株主となる。

ユニ・ファミマは2017年8月に、ドンキHと業務提携契約を締結しており、同11月には、ユニー株の4割をドンキホHに譲渡していた。

 

スポンサード リンク

その後、食品スーパー「ユニー」でアミューズメント性の高いドンキのノウハウを融合させた店舗などを開店したところ、順調に売り上げが伸びていることなどから両社間でより深い提携関係構築を目指すことになったとしている。

さらにユニ・ファミ親会社の伊藤忠商事の海外ネットワークも活用し、共同での海外展開も検討するとしている。

ユニ・ファミは、ユニーの売上高が消滅する変わり、20%ドンキ株を取得することから、持分法適用会社になり、ドンキの売上高の20%を売上高に参入できる効果もある。ドンキの2018年6月気の売上高は9,145億円。2018年2月期のユニーの売上高は7,128億円。

スポンサード リンク
[ 2018年10月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ