アイコン 中国の9月の自動車販売▲11.5%の2桁減 米中貿易戦争の影響か トヨタ好調

 

 

9月の中国の自動車販売台数は乗用車が▲12.0%と大きな減少を見ている。これは激しくなる一方の米中貿易戦争の煽りと見られる。これまで堅調だった商用車もマイナスに転じており、しばらくは様子見になると見られる。

こうした中でも、トランプ米大統領は次なる制裁を検討中と報道されている。
韓国勢は、昨年のTHAAD不買の反動増が適わなくなっている。

 

9月の中国市場の韓国勢
 
販売台数(万台)
前年比(%)
2016
15.92
20.3
2017
12.50
-21.5
2018
11.11
-11.1
・輸入車含まず
 
スポンサード リンク
日本勢は、トヨタがこうした中でも絶好調、過激なインセンティブ販売競争で儲からなくなった米国から中国へエネルギーをシフトさせたものと見られる。新カローラが売れている。
 
ホンダは、2月のCR-V系統エンジンリコール、5月までCR-V等の販売停止の影響が収まらないでいる。3ヶ月間で回復させておらず、マイナスを常態化させた可能性がある。今年1月まで絶好調だったことから油断もスキもあったのだろう。
 
2018年9月中国自動車販売状況
中国汽車工業協会版ほか
 
9月
1~9月累計
 
台数
前年
台数
前年
 
(万台)
同月比
(万台)
同月比(%)
乗用車
206.05
-12.0%
1,725.97
0.6%
 うちセダン
100.59
-13.3%
842.62
1.3%
 うちSUV他
105.46
-10.7%
883.35
0.0%
商用車
33.36
-8.3%
323.09
6.3%
総計
239.41
-11.5%
1,595.47
1.4%
民族系と外資系別
2018年
9月
1~9月累計
 
台数
前年
台数
前年
 
(万台)
同月比(%)
(万台)
同期比(%)
民族系
80.64
-16.5%
724.21
-1.5%
独系
46.47
-6.9%
374.46
6.1%
日系
41.31
3.9%
318.93
4.4%
米国系
22.59
-21.8%
184.44
-11.7%
韓国系
11.11
-11.1%
80.33
14.4%
仏系
2.06
-56.4%
25.29
-13.7%
・中国汽車工業協会版(工場出荷台数=販売台数)
日系勢の中国販売(輸入車含む)
 
9月
1~9月累計
 
台数
前年
台数
前年
(台)
同月比(%)
(台)
同期比(%)
日産
141,195
-0.8%
1,095,578
7.4%
トヨタ
140,000
17.7%
1,080,500
12.5%
ホンダ
132,755
-6.0%
965,004
-6.9%
マツダ
21,910
-25.4%
210,715
-1.3%
三菱
 
 
 
 
・マークラインズ資料などより(輸入車など含む)
 

スポンサード リンク
[ 2018年10月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ