アイコン 第四銀行と北越銀行経営統合 第四北越FG誕生 総資産8.7兆円 50店閉鎖・人員整理も

 

 

新潟県の地方銀行で首位の第四銀行と2位の北越銀行は10月1日、持株会社の第四北越フィナンシャルグループ(FG)を設立して経営統合した。両行は2021年1月に合併を計画、今後の3年間で約50店舗を統廃合し、約500人をコンサル事業の強化、営業や取引先への人材派遣サービスなどの重点業務に再配置する方針(派遣の女子行員などは対象外だろうか)。

合併後の2025年度には年間で100億円、2018年度から累計で170億円の相乗効果を引き出す目標を掲げている。

両行は今年3月に経営統合に最終合意。2行を合わせた総資産は8兆7千億円となり、全国の地銀グループで15位の規模となる。県内シェアは5割となる。

以上、

スポンサード リンク

明治時代から続く地方に2銀行・3銀行時代は終わりを告げようとしている。こうした明治遺産に最後の鉄槌を喰らわせたのは黒田日銀大総裁だろうか。

スポンサード リンク
[ 2018年10月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ