アイコン 積水ハウスから55億円詐取した地面師グループ強制捜査へ 西五反田の旅館跡地

 

 

「積水ハウス」が都心の1等地の売買をめぐって、55億円に上る巨額の土地代金をだまし取られた事件で、警視庁は所有者になりすまして、土地を無断で売買する「地面師」と呼ばれるグループの男女約10人を特定し、事情を聴くなど捜査を進めている。警視庁は近く強制捜査に乗り出す込み。

積水ハウスは、昨年4月から6月にかけて東京・品川区西五反田にある元旅館跡地の約2000平方メートルの土地について、所有者を名乗る女らから買い取る契約を結んだ。

この土地は、JR五反田駅から徒歩5分の都心にある広大な面積の1等地で、マンションなどの大型開発の用地として不動産関係者が注目していた土地だった。

しかし、積水ハウスが土地の所有権を移転しようとしたところ、法務局に提出された委任状などの書類が偽造されていたことが判明し、55億円に上る巨額の土地代金がだまし取られた。(積水ハは仮登記していたことから、安心した経緯もある)

スポンサード リンク

警視庁が捜査を進めたところ、所有者になりすまして土地を無断で売買する「地面師」と呼ばれるグループの男女約10人が、偽造した書類などを提出し、不正に土地を登記しようとした疑いが判明した。

警視庁は、すでに事情を聴くなど捜査を進めていて、近く、偽造した書類などで不正に土地を登記しようとした疑いなどで強制捜査に乗り出すものとみられる。

大手住宅メーカーが巨額の土地代金をいとも簡単にだまし取られた異例の事態を受け、積水ハウスでは今年1月に当時の会長が辞任するなど、経営責任をめぐる問題に発展した。

<事件の舞台は都心の1等地>
事件の舞台となった土地は、東京・品川区のJR五反田駅から徒歩5分の都心の1等地。
土地の広さが約2000平方メートルもあることから、マンションなどの大型開発の用地として、多くの不動産関係者が入手したいとしていた土地で、100億円の価値があると言われていた。

一方で、この土地には戦前から続く老舗の旅館があり、当時、土地と旅館の建物を所有していた70代のおかみは「祖父母の代から続いている旅館の土地だ」として、売却を拒み続けていた。

しかし、旅館のおかみが体調を崩して入院し、誰もいない状態になったところを地面師グループに狙われ、おかみの偽者が対応し、だまし取られたとみられている。

<積水ハウス 内部抗争・経営責任に発展>
55億円余りの巨額の損失が出たことで、被害を受けた「積水ハウス」では、経営責任をめぐる問題に発展した。
当時の会長と社長は2ヶ月間、報酬の20%を削減したが、それだけでは収まらず、ことし1月の取締役会で会長と社長の解任を求める緊急動議がなされ、最終的に会長が辞任した。

今年3月に会社が公表した報告書では、契約締結の後も取り引きに関する複数のリスク情報が届いていたのに、嫌がらせの類いだと判断してしまったことや、相手が提出した本人確認に関する書類を過度に信頼してしまったことなどを問題点としてあげている。

そのうえで、取り引きにおけるリスク情報は、社内で共有を進めるほか、重要な投資案件に関して経営会議を開くなどして再発を防止するとしている。

<東京五輪を前に土地高騰… 事件相次ぐ>
所有者になりすまして土地を無断で売買する「地面師」と呼ばれるグループによる事件が相次いでいる。

こうした事件は、かつてバブル経済のさなかに目立ったが、今、再び相次いでいるのは、東京オリンピックを前に都内の土地の価格が高騰していることや、地主が高齢になって管理が行き届かない土地が増えていることが背景にあると捜査当局はみている。

裁判資料などによると、ここ数年だけで少なくとも20ヶ所以上で被害の訴えが確認されている。

1、渋谷区富ヶ谷の高級住宅街の土地をめぐっては、3年前、地主の高齢男性になりすました男らが勝手に売却し、不動産会社が約6億円をだまし取られた。

2、品川区西五反田の土地でも所有者の医療法人の理事長になりすまして3億5千万円余りの小切手をだまし取ったとして、今年2月、4人の地面師グループが逮捕されている。

3、港区赤坂の土地をめぐっては、大手ホテルチェーンが約12億5千万円をだまし取られた事件では、昨年10人のグループが逮捕された。

こうした事件は、精巧な偽造書類を準備しなければならないため、弁護士や司法書士といった法律の専門家も関与し、1つのグループが10人以上にのぼることもあり、いずれも被害金額が大きいのが特徴。

警視庁は組織的な犯罪として摘発を強化している。
以上、報道参照

捕まえたところで、銭は海外へ沈めたと見られ、刑に服せば、刑期終了後、海外で優雅な生活を送ることだろう。
当旅館の案件は、これまで買いたい意向を示した不動産ブローカーは山ほどいるが、おかみは売らなかったいわく付きの物件であり、積水ハも十分な反面調査が必要だっただろう。購入できる喜びが先行してしまい、大会社の積水ハがスキを作ってしまったようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年10月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ