アイコン GPIF 7~9月 5.4兆円の運用益 国内債券45百億円売り越し

 

 

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によると、同法人の運用資産額は2018年9月末時点で165兆6,104億円となった。
7~9月期は、国内外の株や債券以外の現金保有を2兆円超積み上げ、年金特会で管理する積立金を除いた短期資産は10兆3,148億円に膨らんだ。
7~9月期は、5兆4,143億円のプラス運用だった(4~6月は+2兆6,227億円益、1~3月は▲5兆5,408億円損)。

資産別では、
売りこしは、国内債券を4,595億円。
買い越しは、国内株式17億円、外国債券94億円、外国株式28億円。

スポンサード リンク

運用比率別では、
国内債券25.26%、
国内株式25.65%、
外国債券14.81%、
外国株式25.70%
だった。

1103_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年11月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ