アイコン 香港-マカオ「港珠澳大橋」(約55キロ)23日全面開通へ 世界最長橋

 

 

香港-珠海-マカオを繋ぐ世界最長の海上大橋「港珠澳大橋」(約55キロ)の開通式が23日、珠海で開催される。
香港・マカオ間は船で約1時間、陸路だと珠海経由で約3時間かかるが、開通後は30分あまりに短縮される。
同大橋は、構想から30年あまりかかった超大型国家プロジェクトで、総工費は1千億元(約1兆6千億円)超。

高度な自治を保障しながら形骸化させている「一国二制度」が適用されている香港とマカオを珠海など中国本土の都市との連結を強め、経済を活性化することが期待されている。
なお、当大橋は深圳を通らず、深圳市が怒っている。

スポンサード リンク

当大橋では、強度不足のコンクリが使用した業者が摘発されるなど、安全面が少なからず問題視されている。台風銀座の場所でもある。

中国はいずれ、台湾へも南シナ海の要塞化した埋立地へも海底トンネルを掘り進めることだろう。
当大橋は防衛上も、海からの湾内へ敵進入を阻止する重要な役割を担っている。

 

1020_04.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年10月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ