アイコン 米国、ソニーの「ヴェノム」興行収入1位 すべて喰ってやる Venom

 

 

調査会社コムスコアが電子メールで10月7日発表した推計値によれば、ヴェノムの第1週目の興行収入は8000万ドル(約91億円)。
特殊効果を駆使したマーベルのスーパーヒーロー映画が、ワーナー・ブラサースのリメイク作品を打ち負かした。
レディー・ガガがブラッドリー・クーパーと共演するアリー/スター誕生は4130万ドルと、初登場2位。
以上、ブルームバーグ参照

2017年3月にソニーが映画の権利を所有するマーベルのキャラクターを取り込んだ新たなユニバース(ソニー・マーベル・ユニバース)が始動し、本作はその一環となった。
マーベル・コミックのキャラクター「ヴェノム」を主人公にした、2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ソニー・ピクチャーズが手掛けるユニバース "Sony's Universe of Marvel Characters" の最初の作品。マーベル・コミックのスパイダーマンのスピンオフ作品。

スポンサード リンク

ソニーは久しぶりに今期、映画部門で大きな業績を残す可能性がある。前評判に弱い中国での興行も大いに期待できる。

11月3日から日本公開の予告編
http://www.venom-movie.jp/

 

スポンサード リンク
[ 2018年10月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ