アイコン 中洲 パチスロ賭博容疑で経営者と従業員を逮捕

 

 

福岡市の中洲で、店に設置したパチスロ機で違法な賭博を行っていたとして、店の経営者と従業員らが常習賭博の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、福岡市博多区中洲の店舗の経営者と従業員の2人。

以上報道より参照

警察によれば、ことし6月に匿名の情報提供を受けて警察が捜査を進め、19日夜、店を捜索した結果、通常の2倍から5倍のレートで賭博が行われていたということで、パチスロ機30台などを押収した。

この際、客として訪れていた会社員2人が賭博の疑いで逮捕されが、容疑を認めたとしてすでに釈放されている。

 

スポンサード リンク
 

1120_06.jpg

 

パチスロ賭博容疑で経営者ら逮捕
https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20181120/0002897.html

11月20日 12時26分

福岡市の歓楽街、中洲で、店に設置したパチスロ機で違法な賭博を行っていたとして、店の経営者と従業員らが常習賭博の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、福岡市博多区中洲の店舗を経営する、王丸健容疑者(41)と従業員の中村英司容疑者(43)です。

スポンサード リンク

[ 2018年11月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ