アイコン 福岡市 天神パルコ隣接地で大型再開発計画案公開

 

 

福岡市の天神地区で進む再開発事業、「天神ビッグバン」で、福岡市は、福岡パルコや新天町に隣接するブロックについて、大型再開発の計画案をまとめたものを発表した。

福岡市は、天神地区で「天神ビッグバン」と称する再開発事業を進めていて、建物の高さや容積率を緩和して2024年までの10年間に、30棟のビルを建て替え、大規模な民間投資を呼び込むことを目指す。

再開発が計画されているのは、福岡市中央区天神2丁目の一部で、福岡パルコや新天町に隣接する明治通り南側のブロックおよそ1.1ヘクタール。

以上報道より参照

福岡市がまとめた計画の原案によれば、このエリアに現在、建っている8棟のオフィスビルについて、地権者が再開発に連携して取り組むことに合意したことから、大規模な建て替えなどが行われる見通しだという。

 

スポンサード リンク
 


天神パルコ隣接地で大型再開発へ

10月09日 18時53分

福岡市の天神地区で進む再開発事業、「天神ビッグバン」で、福岡市は、福岡パルコや新天町に隣接するブロックについて、大型再開発の計画案をまとめました。

福岡市は、天神地区で「天神ビッグバン」と称する再開発事業を進めていて、建物の高さや容積率を緩和して2024年までの10年間に、30棟のビルを建て替え、大規模な民間投資を呼び込むことを目指しています。

スポンサード リンク

[ 2018年10月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ