アイコン 福岡 建設会社会長射殺 工藤会元構成員懲役19年

 

 

特定危険指定暴力団、工藤会が一般市民を襲撃した一連の事件で、7年前に建設会社の会長が射殺された事件などに関与したとして殺人の罪などに問われている元暴力団員に対し、福岡地方裁判所は「工藤会の意にそぐわない人物を排除し酌量の余地はない」として、懲役19年を言い渡した。

以上報道より参照

建設業界と暴力団との関係はいまだ根深い。

老舗建設会社も元をたどれば・・・、というところも少なくない。

 

スポンサード リンク
 


建設会社会長射殺で懲役19年

10月09日 18時53分

特定危険指定暴力団、工藤会が一般市民を襲撃した一連の事件で、7年前に建設会社の会長が射殺された事件などに関与したとして殺人の罪などに問われている元暴力団員に対し、福岡地方裁判所は「工藤会の意にそぐわない人物を排除し酌量の余地はない」として、懲役19年を言い渡しました。

 

スポンサード リンク

[ 2018年10月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ