アイコン ソフトバンクの通信障害 過去最大の3060万件に

 

 

ソフトバンクの携帯電話サービスで発生した数時間におよぶ大規模な通信障害で、ソフトバンクが11日までに、総務省に対して、影響回線数を約3060万件と報告していた。

ソフトバンクは今後、最終的な数を総務省に報告するが、総務省が「重大な事故」と位置づける携帯電話の通信障害では、過去最大。

ソフトバンクの携帯の契約回線数は「ソフトバンク」「ワイモバイル」の両ブランドを合わせて約4043万件(9月末時点)。

以上報道より参照

過去最大級ではなくまさに「過去最大」。

あれだけ長時間にわたった通信障害をおこし、謝罪会見がないのはなぜだろうか。

 

ソフトバンク

スポンサード リンク
 

ソフトバンクの携帯電話サービスで発生した大規模な通信障害で、ソフトバンクが11日までに、総務省に対して、影響回線数を約3060万件と報告していたことがわかった。ソフトバンクは今後、最終的な数を総務省に報告するが、総務省が「重大な事故」と位置づける携帯電話の通信障害では、過去最大級となる。

 ソフトバンクの携帯の契約回線数は「ソフトバンク」「ワイモバイル」の両ブランドを合わせて約4043万件(9月末時点)。

2018年12月12日 06時00分
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181211-OYT1T50109.html

スポンサード リンク

[ 2018年12月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ