アイコン 米議会 「中国再参入の計画ない」とグーグルCEO

 

 

11日、米グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は2010年に撤退した中国のネット検索市場に現時点で再参入する計画がないと明らかにした。データ収集をめぐる米下院の公聴会で証言した。同社では今年、検閲された情報のみを表示する検索技術の開発が進んでいることが明らかになり、中国政府の情報統制に加担する恐れがあるとの批判を受けていた。

以上報道より参照
 

このニュースで驚いたのは「グーグルが本社を置くカリフォルニア州は民主党支持者が多く、一部の共和党議員からは検索エンジンに民主党に有利なニュースを上位に表示する操作が加えられているのではないかという疑念も示された。」という部分。

ピチャイ氏は否定したが、火の無いところになんとやらで、ありそうなのが怖い。
 

Google

スポンサード リンク
 

【シリコンバレー=白石武志】米グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は11日、2010年に撤退した中国のネット検索市場に現時点で再参入する計画がないと明らかにした。データ収集をめぐる米下院の公聴会で証言した。同社では今年、検閲された情報のみを表示する検索技術の開発が進んでいることが明らかになり、中国政府の情報統制に加担する恐れがあるとの批判を受けていた。

2018/12/12 5:45
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38823340S8A211C1000000/
 

スポンサード リンク

[ 2018年12月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ