アイコン ハローキティのサンリオ 下請け虐め 是正勧告/公取委 業績低迷で虐めか

 

 

日本の上場企業は法さえも守らない。いったい誰が法を遵守すると言うのだろうか。
公正取引委員会は、ハローキティなどのキャラクター商品を手がける「サンリオ」が、商品の製造業者176社に対して、納品から半年以上たった商品を引き取らせるなどして計約1800万円の不利益を生じさせたとして、再発防止策を取るよう勧告した。

サンリオは、ハローキティやマイメロディなどのキャラクター商品の製造業者に対し、変色などの不具合があったことを理由に、カバンや歯ブラシケースなどを納品から半年以上たって引き取らせたり、メモ帳や弁当箱などをサンプルとして無償で提供させたりして、下請け虐めをしていたという。
サンリオは、今年10月までに製造業者に全額を返金し、勧告については「真摯に受け止め、再発防止に努めます」とコメントしている。
以上、

スポンサード リンク

ヒットキャラクターの高齢化と巨大なキャラクター資源群を有効活用できないマンネリの営業施策によりライセンス収入が減り続け、下請けに利益の源泉を求めるなど言語道断。
不振だったサンリオピューロランドが大改革し、インバウンド効果を大きく享受できるようになったとTV特集されたばかりなのに、イメージダウンもいいとこ。360度イメージ商売なのに。
キティちゃん「かわいい」日本代表であることに何が変わろうか。クールジャパンに自ら乗ることもなく、自ら疎外している。
サンリオピューロランド館長を世界戦略の統括執行役員に抜擢すべきでは・・・。

サンリオ
連結/百万円
15/3
16/3
17/3
18/3
売上高
74,562
72,476
62,695
60,220
営業利益
17,468
12,675
6,904
5,734
 同率
23.4%
17.5%
11.0%
9.5%
経常利益
18,525
13,178
7,255
6,020
当期利益
12,843
9,609
6,475
4,928

スポンサード リンク
[ 2018年12月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ