アイコン 北海道ロケットの「インターステラテクノロジズ」JAXA支援で事業化へ

 

 

何回打ち上げても失敗、単なる金持ち達の道楽なのだろうかと疑うしだい。

宇宙ベンチャー企業の「インターステラテクノロジズ」(IST、北海道大樹町、代表:稲川貴大)は19日、超小型人工衛星を打ち上げるロケット事業を2023年に始めると発表した。これまでほぼ単独でロケット開発を行ってきたが失敗ばかり、国立の宇宙航空研究開発機構(JAXA)からエンジン開発で技術支援を受ける。

スポンサード リンク

事業化ロケットは本格的なもの、全長22メートル、重さ35トンで、高度500キロメートルの宇宙空間へ、重さ100キログラム以内の人工衛星を打ち上げる。何段式かは不明。

1回当たりの打ち上げ費用を6億円以下に抑えることが目標だという。

 

 
[ 2019年3月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ