アイコン 追報:(株)朝日工務店(茨城)/自己破産へ

 

 

土木建築工事の(株)朝日工務店(茨城県鉾田市安房)は6月5日事業停止、事後処理を石島秀朗弁護士(電話029-248-7331)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約8億円。
同社は昭和31年創業の土木建築工事業者。地場中堅ゼネコンとして、多くの官庁工事や民間工事を受注し、以前は35億円以上の売上高を計上していた。しかし、国や地方自治体の官庁工事が減少し続け、民間の集合住宅や商業施設などの建築を行ってきたものの、競争激化などにより、平成29年6月期には13億円台まで売上高が落ち、さらに翌年の平成30年期には5億円台まで売上高が落ち、過去の不良債権処理もあり、最終利益は約4億円の赤字を露呈、債務超過に陥り、再建の見通しもつかず、今回の事態に至った。
スポンサード リンク

 

(株)朝日工務店の財務内容と業績 平成30年6月期/千円
流動資産
410,262
流動負債
706,829
 
 
固定負債
101,134
固定資産
110,098
自己資本
-287,603
 
 
(資本金)
80,000
総資産
520,360
負債+資本
520,360
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
522,106
-68,857
-150,264
債務超過
・建築工事・土木工事
 

 
[ 2019年6月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ