アイコン 追報:(株)シノハラ・ジャパン(静岡)/破産手続き開始決定

 

 

既報。オフセット印刷機及びレーザーダイカット加工機の製造販売の(株)シノハラ・ジャパン(所在地:静岡県島田市阿知ケ谷***)は6月11日、静岡地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約8.7億円。

スポンサード リンク
 

同社は、平成24年5月に設立。

破産管財人には、松田隆広弁護士が選任されている。

破産債権の届出期間は令和元年8月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和元年9月18日午前10時。

 

既報記事
追報:(株)シノハラ・ジャパン(静岡)/自己破産へ

同社は平成24年5月、オフセット印刷機製造で破綻したシノハラの事業を承継する目的で、中国資本傘下で設立された会社。オフセット印刷機及びレーザーダイカット加工機の製造販売などを行い、平成26年12月期には11億円以上の売上高を計上していた。

しかし、世の中デジタル化・ネット化が進み、印刷機をめぐる環境は悪く、平成29年期には約7億円まで売上高が減少、さらに、受注先でもあった中国の親会社が経営破たんし、連鎖して今回の事態に至った。

 

スポンサード リンク
 

[ 2019年6月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ