アイコン まつげ用パーマクリーム 実わ頭髪用だった 「内外治療院」の役員逮捕 医薬部外品

 

 

兵庫県警は24日、神戸市中央区の「内外治療院」が、まつげ用パーマクリームをインターネットで無許可販売し、健康被害が出ていたことが分かり、この会社の役員で実質的な経営者の山岡正敏容疑者(53)を医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕した。全国で3億円余りを売り上げていたとみて、捜査している。

調べに対し、山岡容疑者は容疑を認めているという。
警察が調べたところ、クリームは医薬部外品にあたり、製造販売には国の許可が必要なのに得ていなかった。
「まつげパーマ」は、目が大きく見えるとして若い女性に人気で、山岡容疑者は、業者から仕入れた頭髪用のパーマ液を小分けにして、「まつげ用」として販売していたという。

スポンサード リンク

警察によると、この会社は、美容室で行う「まつげパーマ」を自宅で手軽にできるとして、インターネットのサイトでまつげをカールする器具とセットで、クリームを販売していたが、昨年、購入した人から「まぶたが炎症をおこした」と、健康被害の相談が兵庫県に寄せられていたという。

警察は、山岡容疑者の会社は、この3年間で約12万セット、3億2千万円を売り上げていたとみて捜査している。

 
[ 2019年6月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ