アイコン 米大富豪の牢屋での自殺とアンドルー英王子の接点

 

スポンサード リンク

米メディアによると、ニューヨークの監察医は16日、多数の少女を性的に搾取したとして起訴され、勾留中に死亡した米富豪ジェフリー・エプスタイン被告(66)の死因は首つり自殺だったとする司法解剖結果を発表した。

 トランプ大統領ら政財界の大物との親交で知られるエプスタイン被告は10日、勾留施設内で首をつった状態で発見され、その後死亡が確認された。シーツを二段ベッドに結びつけて首をつったとみられている。首には複数の骨折があった。

 被告は7月下旬に自殺未遂を起こしたが、その後、自殺の監視対象から外され、死亡が確認された10日は同室の勾留者もいなかった。さらに職員による点検も規則通り行われないなど、監視体制には疑問点が多く、米国では被告の死亡には、被告に女性を仲介された大物が関わっているという陰謀論が出ていた。

英紙メール・オン・サンデーは18日、多数の少女への性虐待などの罪で起訴された後、勾留施設で死亡した米富豪ジェフリー・エプスタイン被告の邸宅に、チャールズ英皇太子の弟アンドルー王子とみられる人物が滞在していた様子を撮影した動画を公開した。2010年の撮影とされ、王子とみられる人物が手を振って、ニューヨーク中心部マンハッタンの邸宅の玄関を出る女性を見送っている。

当然、大富豪の児童性売買春につき、アンドルー王子は完全否定している。しかし、2016年にエプスタイン被告の被害者の一人とされるバージニア・ジュフリー氏は、未成年だったときにアンドルー王子と性行為をしたと証言していた。英王室はこの疑惑について、繰り返し強く否定してきた(AFP電)。

以上、報道参照
動いたのだろうか、英国の秘密情報部はSIS=M16、諜報機関はGCHQ、
それとも、トランプ大統領の下半身もお世話になっていた可能性も高く、CIAなりを動かしたのだろうか。
アンドルー王子はエリザベス2世女王の第3子、問題児として知られる。独身、離婚暦あり、娘の皇女が昨年、結婚している。
 

[ 2019年8月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ