アイコン 大阪 僧侶があおり運転疑いで書類送検

 

スポンサード リンク
 

大阪府警北堺署は乗用車で急ブレーキを繰り返すあおり運転をしたとして、暴行容疑で同府松原市の60代の男性僧侶を書類送検した。

同容疑者は「パッシングされ、注意してやろうと思ってブレーキを踏んだ」と容疑を認めている。

以上報道より参照

信号待ちで停止した男性の胸ぐらをつかんだともされ、かなり血の気の多いお坊さんだったようだ。

しかし、煽り運転は別に最近になって目立つようになったわけでもあるまいに。



 



大阪府警北堺署は22日までに、乗用車で急ブレーキを繰り返すあおり運転をしたとして、暴行容疑で同府松原市の男性僧侶(61)を書類送検した。21日付。「パッシングされ、注意してやろうと思ってブレーキを踏んだ」と容疑を認めている。

共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00000100-kyodonews-soci

[ 2019年8月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ