アイコン 観光客人気の長崎駅前ワンコイン海鮮丼 密漁の魚でなくなる?

 

スポンサード リンク
 

長崎県警は、高級魚を密漁したとして、指定暴力団山口組系組長の男(51)(長崎市)や組員ら6人を漁業法違反などの疑いで逮捕し、長崎区検は26日、組長らを同法違反などで長崎簡裁に略式起訴した。

密漁した魚は組長の親族が実質的に経営する飲食店でワンコインの海鮮丼などとして提供。年間約3000万円を売り上げていたという。
県警の発表によると、6人は共謀し、7月に長崎市野母町の海で、長崎県知事の許可を得ずにボンベなどを使って潜水漁をした疑いがあるとして逮捕された。

組長ら少なくとも3人が略式起訴され、親族と店の従業員は26日付で不起訴となった。
 県警幹部によると、組長らは数年前からオオモンハタやスジアラなどの密漁を繰り返していたとみられ、海鮮丼を売りにするJR長崎駅前の飲食店で提供。
500円の海鮮丼もあり、周辺の相場の半額ほどの安さで、観光客や地元のサラリーマンらに人気だった。
 組長と関係のある同市の繁華街の飲食店案内所からは、真空パックで冷凍保存された魚の切り身など約200キロが見つかったという。
 飲食店の近くで働く女性は「観光客らで繁盛していた。暴力団が関わっているとのうわさはあったが、特段のトラブルはなかった」と話した。
以上、

密漁は犯罪だが、ネット上では意外に擁護するコメント多し。

しかし、ワンコインの海鮮丼の魚は高級魚、美味しかっただろうなぁ。

0827_01.jpg
 

[ 2019年8月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ