アイコン 韓国産エノキタケ、米国で食中毒4人死亡 32人中毒 リステリア菌

 

スポンサード リンク
 

米NBCニュース、ABCニュースなどは11日、米国で韓国産エノキタケを食べた後食中毒症状を見せて4人が死亡したと報じた。
これに対し、韓国政府は「韓国と違って火を通さずにサラダの形で食べる食文化のためだと推定している」と明らかにした。
これまでに韓国から輸入されたエノキタケを食べて4人が死亡し、32人が中毒症状を見せているという。
該当製品は、カリフォルニアのソンホンフーズという会社が「ENOKI MUSHROOMS(エノキタケ)」という名前で販売したもの。
この会社は、カリフォルニアやテキサス、オレゴン、ワシントン、イリノイ、フロリダ州でエノキタケを販売した。

米国食品医薬局(FDA)は2016年11月から17州で該当キノコを食べて中毒症状を見せ、少なくとも30~32人が入院したと明らかにした。死亡者はカリフォルニア・ハワイ・ニュージャージーでそれぞれ発生した。

これに伴い、疾病予防管理センター(CDC)とFDAは、高危険群の場合、韓国産エノキタケの摂取禁止を勧告した。
原産地が分からない場合にもエノキタケの摂取を控えるように求めた。
ミシガン州農業当局の検査結果、リステリア菌が検出されて該当会社は9日、製品をリコールした。

韓国農林畜産食品部は12日釈明資料を出し、「韓国では、エノキタケを洗浄した後加熱料理するが、米国は火を通さずにサラダの形で食べるなど食文化が違って食中毒が発生したと推定される」と説明した。
また、「政府は、国内生産・流通段階で生食野菜類に対してリステリア菌など食中毒菌を検査して問題がある場合、衛生管理を強化して回収・廃棄するなど管理に徹底している」と強調した。

農食品部は、エノキタケを米国に輸出した4社を対象に試料採取および検査を進めるなど原因調査を行う予定だという。
エノキタケ栽培会社17社に対しても検査を通じて非適合時、回収・廃棄させる方針。

農食品部関係者は「リステリア菌は摂氏70度以上で3~10分間加熱すれば死滅するため、エノキタケを煮て食べれば食中毒を予防することができる」と話した。
以上、
輸出するからには、食文化の違いは理由にならない。生食禁止などの付帯事項を記載していれば別だろうが、そうすれば売れなくなるおそれがあり、やはり記載しないだろう。
商品名の「ENOKI MUSHROOMS(エノキタケ)」というマッシュルームとの名前をつけていることから、マッシュルームを生で食べる習慣がある米国で問題になったのだろう。

以前、米国では、韓国産の貝類から、人糞由来のノロウイルスが検出され、FDAにより生・加工品・缶詰に至るまで米国での販売が禁止された。韓国では最近でも違法に海岸から人糞を捨てる業者がいるそうだ。

中国は、韓国産キムチの輸入を長期にわたり禁止していた。その理由は大腸菌の多さであった。同じことは、韓国産味付き海苔でも大腸菌の多さから輸入を禁止していた。
韓国のマスコミは、キムチの大腸菌の多さについて、乳酸菌をカウントしたものだと主張していたが、いくら中国でも大腸菌と乳酸菌を間違うはずはあるまい。
そのため、キムチ業者が輸出できなくなり破綻し、安価な中国朝鮮族のキムチが大量に輸入されるようになり、今では家庭でも漬けなくなっているという。
もしかしたら、日本が輸入している韓国産キムチや味付海苔には大腸菌問題があるのかもしれない。農水省は意識して見過ごしているのだろう。また、輸入品には中国朝鮮族のキムチが韓国産の瓶に詰められている可能性もある。加工食品の原産国表示はなく輸出国ベース。

<リステリア菌とは>
リステリア属は、通性嫌気性の無芽胞(芽胞を形成しない)グラム陽性桿菌に分類される。カタラーゼを有すること、低温 (4℃) での増殖が可能なこと、耐塩性がある(6%以上の食塩に抵抗性のある)こと、運動性があることから、他のグラム陽性無芽胞桿菌と区別される。冷蔵庫など低温に強く、高熱に弱い。
自然界では、鳥類、魚類、昆虫、ヒトや動物の糞便や乳のほか、食品中や土壌など極めて広く分布する常在菌の一種。

リステリア属には8種が含まれるが、このうち基準種である「リステリア・モノサイトゲネス」はヒトに感染してリステリア症の原因になる病原体である。
食品媒介感染症であるが、細菌性食中毒にある典型的な急性胃腸炎症状は通常示さないことが特徴である。
潜伏期間は平均すると数十時間とされているが、患者の健康状態、摂取菌量、菌株の種類の違いにより発症するまでの期間は大きく左右されると考えられるため、その幅は数時間から概ね3週間と長く、1ヶ月以上のこともある。
健常者が発病することはまれだが、
(1) 加齢や他の疾患などで免疫力が低下している人、
(2) 妊婦、に感染した場合には、重篤な疾患となることがあり、
リステリア症と呼ばれる
38~39℃の発熱、「頭痛」「悪寒」「嘔吐」などの症状がおきる。
重症になると脳脊髄膜炎をおこし、意識障害や痙攣を起こすこともある。
臨床的には髄膜炎も敗血症も、一般的な細菌感染によるものと鑑別が困難であり、髄液の検査所見にも特徴的なことがない。
従って、患者の髄液、血液および臓器などからリステリア・モノサイトゲネスを検出することが診断確定のために必須となる。リステリア・モノサイトゲネスであるかどうかは培養による確認が必要。

免疫力が低下している人でのケースは、乳幼児、高齢者や白血病患者などの成人で見られ、本菌に汚染された食物を摂食した後に髄膜炎や敗血症を発症する、一種の日和見感染である。
妊婦のケースは、周産期リステリア症と呼ばれる。
母体自体での症状は軽いことが多いが、感染した母体から胎盤を介して胎児に感染(経胎盤感染、垂直感染の一種)して、早産、流死産や胎児敗血症、また新生児髄膜炎や新生児敗血症の原因になる。治療には、抗生物質が使用される。
韓国産の「リステリア・モノサイトゲネス」菌は特に強そうだ。
韓国の検査機関は日本産食品や製鉄残渣などの放射能検査で忙しく、ほかはなかなか検査できないのが現実だろう。
韓国の原発からは10年間で2000兆ベクレルの放射性物質が沿岸に排出されている。
嘘だと思うなら韓国水力・原子力発電公社に訊ねてみよう。

[ 2020年3月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産