アイコン 旧帝神畜産のKMS(株)(兵庫)/特別清算開始命令 負債20億

 

スポンサード リンク
 
 

 旧商号が帝神畜産(株)で元・食肉卸のKMS(株)(所在地:兵庫県神戸市西区見津が丘3-13-1 代表清算人:外池祐樹)は3月30日、神戸地裁明石支部において特別清算開始命令を受けた。

負債総額は約20億円。

資本金は4000万円。

同社は昭和15年創業の食肉卸売業者。神戸ビーフを核に国産や外国産の牛肉・豚肉・鶏肉等を扱い、精肉卸業者やスーパー、飲食店、ホテルなどへ卸販売し、以前は100億円以上の売上高を計上していた。しかし、競争激化で平成29年9月期には55億円台まで売上高が下降し、採算性も悪化して赤字経営が続き、同社は平成30年11月会社分割し、(新)帝神畜産(株)(同所、代表:西村吉治)を設立して事業譲渡、負債を抱えた同社はKMS(株)に社名変更し、その後、解散を決議していた。

事件番号は令和元年(ヒ)第6号となっています。

 

 

[ 2020年4月13日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産