アイコン 追報:デニムの三野産業(株)、(有)西央(岡山)/破産手続き開始決定

 

スポンサード リンク
 
 

既報。デニム製品製造の三野産業(株)(岡山県倉敷市児島下の町5-6-36、代表:三野高明)と関連の(有)西央(同、同)は4月23日に、岡山地裁において破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

負債総額は2社合計で約5億円。

三野産業(株)は昭和23年創業のデニム、チノーズパンツ、ジャケットなどの製造会社。自社ブランドの製品を手がけ、専門店などを販路にしていたが、ファストファッションの台頭で、以前は約4億円あった売上高も2億円を割り込むまで落ち込み、在庫を抱え経営となっていた。

(有)西央は同社のアンテナショップ運営会社で同社に連鎖した。

破産管財人には、菅真彦弁護士が選任されている。

 

既報記事
デニムの三野産業(株)、(有)西央(岡山)/自己破産へ

 

 

 

[ 2020年4月24日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産