アイコン 要約版 旭東電気(株)(大阪)/民事事再生申請

 

スポンサード リンク
 

4月28日、大阪地裁おいて民事再生法の適用を申請、監督命令と弁済禁止の保全処分を受けた、安全ブレーカー・漏電遮断器製造業の旭東電気(株)(所在地:大阪府大阪市旭区新森6-2-1 代表:澤田康博)の倒産情報要約版。

スクロール→

破綻企業 要約

1

破綻企業名

旭東電気株式会社

2

本店所在地

大阪市旭区新森6-2-1

3

代表者名

澤田康博

4

設立・創業

昭和20年創業、昭和24年10月設立、旭東ホールディングスから、平成30年7月分離された会社

5

資本金

9900万円

6

業種

安全ブレーカー製造および漏電遮断器・プラグ製造

弱電EMS製品製造

7

事業所

鳥取工場、中国工場、ベトナム工場

8

売上高

平成22年12月期 約80億円

平成28年12月期 約46億円

9

破綻内容

民事再生申請

10

裁判所

大阪地方裁判所

11

破綻処理日

4月28日申請、同日財産保全処分、監督命令

12

申請代理人

佐藤俊弁護士(電話06-6208-1323)

弁護士法人大江橋法律事務所

13

監督員

松本洋介弁護士(電話06-6344-5198)

桜橋法律事務所

14

負債額

約63億円、

15

破綻経過等

電機メーカーや住宅設備機器メーカーのOEM生産や電材商社などから液晶のバックライトなどのEMS生産を手がけていた。住宅着工件数の減少などから売上高が減少する中、平成30年7月にグループ再編により会社分割されていた。しかし、今般の新コロナにより中国工場が全面ストップ、ほかの工場にも影響し生産が大幅減少し、今回の事態に至った。なお、加賀電子がスポンサーになることを表明している。

 

                                   

 

[ 2020年4月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産