アイコン 瀬戸給食(株)(広島)/民事再生申請

 

スポンサード リンク
 
 

給食弁当製造の瀬戸給食(株)(所在地:広島県福山市手城町3-26-18 代表:小川國司)は3月31日、広島地裁において民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は松本卓也弁護士(03-3273-2600)が選任されている。

負債総額は約14億円。

同社は平成23年4月設立の給食事業の業者。もともと昭和42年に日本鋼管福山製鉄所(現JFEスチール西日本製鉄所福山事業所)からの要請を受け、瀬戸興業(株)として設立された給食・弁当事業会社。

平成23年に瀬戸興業(株)を会社分割し、給食・弁当・社員食堂事業をハゴロモに移管し、その後、ハゴロモの子会社として同社が設立され、それらの事業を継承した経緯がある。

平成31年3月期には約11億円の売上高を計上していた。

しかし、平成31年9月発生した西日本豪雨により同社の高梁工場が被災し閉鎖、設備投資にかかわる借入金等も大きく、同社は赤字計上が続き、代表者も高齢で後継者もいないため、今回、民事再生を申請し、スポンサーを探し再建を目指すもの。

追、関連のハゴモロは民事再生ではなく、破産開始決定を受けており、別途掲載している。

関連記事
明治創業のハゴロモ(株)(広島)/自己破産申請

[ 2020年4月 1日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
JCNET注目記事!
【訃報】お笑いの巨星 志村けん(70)堕つ(03/30 11:21) 2020:03:30:11:21:31

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産
スポンサード リンク