アイコン 追報:(株)AIKジャパンコーポレーション(東京)/自己破産申請 新コロナ・虎杖東京関連

 

スポンサード リンク
 
 

什器・家電卸の(株)AIKジャパンコーポレーション(東京都中央区築地4-10-16、代表:中川喬介)は7月27日、申請処理を天田圭介弁護士(電話03-6722-0992)に一任して、東京地方裁判所へ自己破産申請した。申請代理人には天田圭介弁護士(電話番号:03-6722-0992)が任命されている。

負債額は約24億円。

資本金は1000万円。

同社は、平成27年5月設立の飲食店向け什器・設備および中国家電の卸販売を手がけ、平成30年8月期には44億円台の売上高を計上していた。令和元年期にはさらに売上高を拡大させ、116億円台に達していた。

しかし、取引関係にあった(株)イースター(横浜市)、FEP(株)(大阪市)など複数の企業と循環取引していることが発覚、資金繰りを急激に悪化させていた。これらグループ企業間で架空取引が発覚し、関連会社の飲食業の虎杖東京も新コロナの影響で大幅な売上高の減少により支援も受けられず、同社は資金繰りに窮し、今回の事態に至った。

 

 

[ 2020年7月29日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産