アイコン トランプの「中国ウイルス」をうけ 中国報道官が「米国が新型コロナの発生源」と発言 

ドナルド・トランプ米大統領が、新型コロナウイルスのことを「中国ウイルス」と再び発言。

報道によれば・・・

中国外務省の華春瑩報道官は、米国は新型コロナウイルスの真の、そして最大の発生源になっていると述べた。これは、同報道官がドナルド・トランプ米大統領が発言した「中国ウイルス」に対して答えたもの。

同報道官は・・・

「米国は世界人口の4.2%を占めているが、米国の(新型コロナウイルスの)感染者数は、世界全体の感染例の22.2%に相当する。米国では100万人に1人の割合で、世界の他の国々より約5倍の死者が出ている。誰が見ても、米国は今本当の、そして最大の『ウイルスの発生源』になっていることが分かる」とブリーフィングで述べた。

華報道官は・・・

新型コロナウイルスが中国で出現する以前に、他の国々で広がっていたことを示唆する研究があると指摘した。
同報道官は最後に、「我々は米国の政治家に事実と科学に対する尊重を示し、政治的な操作に取り組むのを止めるように助言する」と述べた。

米国では9日、新型コロナウイルスによる1日の死者数が3000人を突破し、過去最大に達している。

以上、報道より参照



 

 
 

ネットの反応では・・・

『はいはい、いつのもやつ出しときますねー』

『アメリカで大量発症しても発生源は間違いなく中国、WHOがなんもやらんのはお前らが脅してるから』

『バイデンになったらどうなるんだろうか、大丈夫?』

『どっちも腹立つけど、中国は面子の国だしな。どうしようもない』

『僕もそう思うアル』

などの声が上がっている。

 

 

 

[ 2020年12月11日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産