アイコン 韓国で変異株ウイルスによる集団感染発生

韓国旗

韓国の中央防疫対策本部は3日、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」よりも感染力が強いとされる「変異ウイルス」の集団感染が初めて発生したと発表した。

2月1日以降の総27件を分析した結果、計5件の変異ウイルスが確認されている。

今回の5件は、うち4人「慶尚南道・全羅南道地域の外国人の親族集団発生」の関係者、自己隔離中の入国者の家を訪問した親戚だという。残りの1人は入国後、家族に伝播したものだという。

当5人のうち、英型変異株感染者は4人、南ア型変異株ウイルスの感染者が1人だという。

 

中央防疫対策本部は、「変異株のウイルスが国内で伝播するのは時間の問題と思える」とし、「入国者の家族との接触を最小限に抑える必要がある」と呼びかけた。

今回の5人も含め、韓国内の変異株感染者数は今回の5人も含め計39人が確認されている。

 

 

[ 2021年2月 4日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産